2021年8月21日

マーケティングオートメーションのメリットとデメリットを理解して導入を推進する

マーケティングオートメーションのメリット

マーケティングオートメーションは、企業のマーケティング活動を効率化し、ひいては会社の利益を上げるのに役立つシステムとして導入を推進する企業が多くなっています。マーケティングオートメーションの利点の一つが、業務を自動化することで人為的なミスや見落としを防ぎ、効果が高いマーケティング活動ができることです。今までは人の経験や判断に頼りがちだった業務をスコア化して明確にすることで、顧客の数が多くても経験が浅いスタッフが担当することが増えます。そのことで、顧客それぞれの好みやタイミングで適切な対応ができ、人にしかできない対応に注力することができるようになります。そのため、適正な人材の配置や人件費の削減に結びつけることができます。

マーケティングオートメーションのデメリット

有用なマーケティングオートメーションシステムですが、デメリットもあります。まずは、マーケティングオートメーションは、初期費用も運用経費もかかります。機能性を重視すると数百万もの初期費用がかかる場合があるため、特に予算にシビアな中小企業では慎重な検討が必要です。また、システムを導入したからといって、すぐに効果が期待できるものではありません。顧客の購買意欲を高めるためのコンテンツを作成して設定したり、スコアリング機能が利益に結びつくように調整したりと、地道で細かい作業が必要とされるため、今までのマーケティング活動をシステムに落とし込むための人材と、システムを使いこなす人材の両方を確保しなければなりません。

マーケティングオートメーションは1990年代にアメリカで考案されたと言われています。1990年代はインターネットの普及率が低かったため、広く認知され始めるのは2000年代に突入してからとなります。